全身脱毛は脱毛エステサロン「恋肌(こいはだ)」(脱毛専門サイト)

恋肌コラム

光脱毛の方が安心!?レーザー脱毛と光脱毛の違い

昔に比べ、身近になったエステの光脱毛は、ムダ毛の処理に悩む10代から20代を中心にさまざまな女性が利用しているサービスです。

 

脱毛には、光脱毛とレーザー脱毛の2種類があり、それぞれ効果が異なります。

 

光脱毛とレーザー脱毛には、どのような違いがあるのでしょうか?

知っているようで知らない光脱毛とレーザー脱毛の違いについて詳しくご紹介します。

■光脱毛の特徴

複数の波長を含んだ光で照射する「光脱毛」。THR(サーモヒートリムーバー)、IPL(インテンスパルスライト)と方式はいくつかありますが、毛根のメラニンを刺激して脱毛していく施術です。サロンによっても呼び名が異なり、「フラッシュライト脱毛」と呼ぶところもあるようです。

 

光脱毛の特徴は、肌への刺激が少なく痛みがあまりないところ。レーザー脱毛に比べて出力が弱いので、肌トラブルを引き起こしにくいというのが最大のメリットです。

肌が乾燥しやすい方や肌が荒れやすい方など、肌へのダメージが気になる方におすすめの施術方法です。

 

デメリットは施術期間が長いことです。刺激が少ない分、施術期間は少し長め。以前は、2~3ヶ月に1回の感覚で施術を繰り返し、脱毛完了までに最長2~3年の期間が必要でした。しかし、最近では短期間で完了できる新しい脱毛器が開発されています。価格は比較的リーズナブルで、コストパフォーマンスが良いとのお声も。

 

光脱毛は医療行為ではなく、あくまで美容施術のため、脱毛専用のサロンなどで受けることができます。

 

■レーザー脱毛の特徴

医療用レーザーを用いるレーザー脱毛。一般的にダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーと呼ばれる出力の高いものを使用します。複数の波長を含んだ光脱毛とは異なり、単一の波長のレーザーが特徴。

 

サロンやエステで利用することができないため、医療期間や専門クリニックのみで実施が許されている施術です。

 

出力が強いため、痛みを感じることも多く、クリニックによっては麻酔クリームを事前に塗るところもあります。その分施術期間は短く、早ければ5~6回で終了するなど、スピーディーに施術を完了させられるのがレーザー脱毛のメリットです。

短期間で確実に脱毛を完了させたい方におすすめの施術です。

 

デメリットは料金と痛み。光脱毛よりも高めに設定されており、人によってはなかなか手が出せないことも。

また、刺激が強いため肌が乾燥しやすい方や荒れやすい方など、肌が弱い人にはあまりおすすめできません。

施術の痛みに耐えられず、通うことを諦めたという方もいらっしゃるようです。

 

■まずは痛みが少なくコスパ◎な「光脱毛」をチョイス

レーザー脱毛は、痛みが伴い、料金も高いのですが、脱毛期間も短く済ませることができます。ただ、お肌へのダメージも少し気になるところ。

 

反対に、光脱毛は、痛みが少なくリーズナブルな価格で受けられることが特徴です。脱毛期間が少し長めですが、肌へのダメージが気になる方には、光脱毛が良いでしょう。

 

また、最近では脱毛器の開発が進み、以前よりも短期間で施術を完了させられる光脱毛器が導入されています。そんな、以前の光脱毛のデメリットを解消したサービスのひとつが脱毛サロン「恋肌」の光脱毛です。

 

「肌へのダメージが気になるけど、できるかぎり早く施術を終わらせたい!」という方は、一度「恋肌」のカウンセリングへお越しください。

 

これからはじめて脱毛に挑戦するという方は、カウンセラーがお悩みをお伺いして、予算や期間を考慮しお客様に合ったプランをご提案いたします。お客様がムダ毛の悩みから解放されるようスタッフみんなでサポートさせていただきます。

 

恋肌コラム

PAGE TOP