全身脱毛は脱毛エステサロン「恋肌(こいはだ)」(脱毛専門サイト)

恋肌コラム

日焼けは禁物ってホント!? 脱毛中に気を付けること

「日焼けをしているとお手入れができません」という言葉。

これから脱毛を検討している方の中には「なんで日焼けすると脱毛ができないんだろう?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

脱毛中の日焼けは、効果が半減するだけでなく、お肌トラブルを引き起こす心配があります。

「脱毛前や脱毛中に日焼けをしてはいけないのは一体なぜなのか?」

今回は、脱毛中に日焼けをしてはいけない理由について詳しくご紹介します。

■脱毛中に日焼けをしてはいけない理由とは

「たかが日焼けくらいで・・・」と思うかもしれませんが、脱毛中の日焼けは体に大きな影響を及ぼします。脱毛サロンやクリニックで使用する脱毛器は、黒い色(メラニン要素)に反応することで毛にピンポイントに照射できるのですが、日焼けで肌が黒くなると、毛と肌の区別ができなくなり、必要以上に皮膚にも熱を帯びてしまうことに。結果、激しい痛みを引き起こしてしまいます。

酷い時は火傷や炎症を起こすこともあるので、十分に注意しなければなりません。これは、日焼けして肌が黒ずむと、脱毛器が黒い毛と肌の判別ができなくなり、毛だけでなく肌にも熱を与えてしまうことが原因です。

脱毛中の日焼けは、危険なだけでなく効果が落ちるという問題もあります。なるべく日焼けしないように、十分注意しましょう。

■日焼けをしてはいけない期間

施術前後だけではなく、脱毛期間中は日焼けを控えた方が良いといわれています。

その理由についてご紹介します。

 

脱毛中の日焼けを控えるべきなのは、肌が黒ずむことによって、脱毛器が毛と肌の区別をつけられなくなることにあります。なるべく肌を白く保つことが、安全かつ効果的に脱毛を進めるために必要不可欠です。そのため、脱毛前であっても、肌が黒くならないように、日焼けには十分に注意しなければならないのです。

 

また、脱毛してから次の脱毛までの期間も同様に、日焼けはNGです。施術が1~2ヶ月間が空く場合でもその期間に日焼けをしないよう意識することが大切です。

 

脱毛中の方やこれから脱毛を検討している方は、海や日焼けサロンに行かないようにすることはもちろんですが、日常生活においてもなるべく日焼けないように、しっかり日焼け防止の対策をしましょう。

■脱毛中の日焼け対策

日焼け対策には、海やプールの他、直射日光があたる場所にはあまりいかないようにすることが一番です。

さらに、日焼け防止用のアイテムをしっかり準備しておくことも重要です。

 

高い効果が期待できるのは帽子です。顔全体を覆えるつばの大きいものを選ぶのがポイントです。キャップやサンバイザーではなく、麦わら帽子やチューリップハットなどを選ぶようにしましょう。

また、全身をしっかり覆いたいなら日傘も有効。最近はUVカット効果の高いものも販売されているため、大きさだけではなく性能にも目を向けて選ぶと効果的です。

塗るタイプの日焼け止めクリームや飲むタイプの日焼け止め薬も持っておくと安心です。

ただ、日焼け止めクリームで気をつけておきたいのは、1日中外にいる日は必ず塗り直しをするようにしなければいけない点です。

朝塗ったまま塗り直しをせずに1日中外にいると、途中で効果が切れて日焼けをしてしまいます。「朝塗ったから大丈夫」と安心せず、こまめに塗り直することが大切です。

 

日焼けしないように毎日意識するのは大変ですが、脱毛期間中に日焼けすることのリスクは予想以上に大きいものです。安心・安全に脱毛ができるように、脱毛中の人はもちろん、これから脱毛を考えている人も日焼けには十分に注意しましょう。

 

 

 

 

 

恋肌コラム

PAGE TOP